Black Rooster Audio – Edelweiss‘72について

Black Rooster Audio – Edelweiss‘72について

今回はBlack Rooster Audio – Edelweiss‘72について書いていこうと思います。

Edelweiss‘72

Edelweiss‘72はエキスパンダー、イコライザー、コンプレッサー、リミッターが一体になった

チャンネルストリップ(channel strip)です。

エキスパンダーはちょっとめずらしいかもしれませんが、コンプレッサーの逆で、

小さい音を小さく、大きい音を大きくするエフェクターです。

イコライザーはリニアフェイズモードがありますね。

その他、プラグインのパラメータとしては特に特別なところはなく、

一般的な操作感で使えると思います。

とりあえず音を聴いてみましょう。

まずこちらがバイパス↓(いつもの)

こちらがEdelweiss‘72↓設定は下の図です

一気に音圧が出たと同時にハイがシャキッとハイファイになったかなと思います。

これがEdelweiss‘72の特徴で、この音に味付けします。

あと、操作しているとイコライザーの効きが自然な感じがしますね。

試しにハイを思いっきり落としてみます↓

割と自然にハイが落ちてるかなと思います。

このEdelweiss‘72なのですが、なんとなくピアノに合っているような気がします。

バイパスがこんな感じ↑でこの設定↓にしてかけると

Edelweiss‘72のハイ上がりな特性がピアノにぴったりな感じがします。

(ちょっとブーストしすぎちゃいましたけど)

まとめ

負荷は自分の環境ではそこまで感じませんが、重いという声もあるみたいですね。

Edelweiss‘72は味付けの強い個性のあるプラグインだと思うので

ソースとの相性を選んで使うと良いと思います。

相性さえ良ければとてもいい性能を発揮すると思いますよ~。

Black Rooster Audioのサイトはこちら↓

Black Rooster Audio – Edelweiss‘72

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。