音楽理論その11「ブルーノート」

音楽理論その11「ブルーノート」

今回はブルーノートについて解説していこうと思います。

前回は「ペンタトニック」について解説しました。

ブルーノート

今まで、ブルーノート短7度としてきましたが、

実は短3度減5度もブルーノートとなっています。

3度5度7度を半音低くしたものです。

この音を織り交ぜることでブルースっぽい響きを出すことができます。

例えば、こんなフレーズがあったとして、

このフレーズにブルーノートを加えると、

こんな感じになります。

・マイナーペンタトニックwith♭5th

マイナーペンタトニックに減5度を加えるとブルーノートを全部含んだ

お手軽ブルーススケールになります。

次回

次回はマイナースケール3種の予定です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。