Acustica Audio – El Reyについて

Acustica Audio – El Reyについて

今回はAcustica AudioのEl Reyについて書いていこうと思います。

El Rey概要

このコンプレッサーはRCA BA-6Aというもののエミュレートらしいです(聞いた話)

Fuse AudioのVCL-25AがRCA BA-25Aを元にしているそうなので

同じ会社のものらしいです。(これも聞いた話)

それはさておき、パラメータを見てみましょう。

ATTACKは3段階、RELEASEは5段階です。

FILTERはOFF、50、100、150、200、250の6種類ですね。

INPUTの右にAUTO GAIN/OUTのスイッチがありますが、

これはAUTO GAINのときに入力が大きくなったとき、

音量の変化を抑えるようにOUTPUTを調整する働きをするそうです。

OUTの時には通常のINPUTとなるようです。

あとはMAKE UPとDRY/WEYノブですね。

とりあえず音を聴いてみましょう。

まずバイパス↓

通すだけ

とりあえず音を聴いてみましょう。

まずバイパス↓

新しくドラムを録音しました。

次に、初期設定で通しただけにしてみます。↓

これだけでも音になんとなくまとまりができますね。

ブースト

次にちょっとだけブーストしてみます。↓

もうきれいな感じになっていますね。

コンプレッション

最後に、適当にコンプレッションしてみます。↓

一気に音がぎゅっとなりましたね。

中域に艶のある音になったような感じがします。

まとめ

なんとなくですが、ボーカルかストリングスに向いているんじゃないかと思います。

負荷はそこそこありますが、Acusticaにしてはやや軽めかもしれません。

つい使いたくなるコンプになりそうです。

ホームページはこちら↓

Acustica – El Rey

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。