Acustica Audio – Ceilについて

Acustica Audio – Ceilについて

Acustica Audio – Ceilとは

まずこちらはFocusrite ISAのエミュレーションだそうです(聞いた話)

機能としては左からコンプレッサー、ブースター?、MS、Panner、

ハイ/ローパスフィルター、ハイ/ローシェルフEQ

が一つになったチャンネルストリップですね。

とりあえず音を聴いてみましょう。

まず今回のバイパス↓

プリ部分

とりあえずプリだけ入れてみます。↓

あまり変わりませんがなんとなく音が落ち着くような気がします。

コンプ部分

次にプリを外してコンプをかけてみます。↓

癖のないかかり方をしているかなと思います。

比較としてIvoryを一応用意してみました↓

こう聴いてみるとちょっとIvoryのほうがクリーミーかもしれませんね。

フィルター部分

次に、コンプをいれたままハイパスフィルターをかけてみます。

今回は300Hzあたりにしてみます。↓

割と素直にかかりますね。

次にローパスフィルターにしてみます。↓

なかなかいい感じかもですね。

シェルフ部分

次はハイシェルフをブーストしてみます。↓

次はカットです。↓

結構かかっているのがわかりやすいかなと思います。

次はローシェルフをブーストしてみます。

次はカットです。↓

こちらもハイシェルフ同様しっかりとかかっているかなと思います。

最後に、SPREADというつまみを動かしてみようと思います。

MS部分

S方向に全開↓

横からしか聞こえなくなってちょっと音が引っ込みますね。

次にM方向に全開↓

真ん中からしか音が聞こえなくなり、音がちょっと丸くなります。

まとめ

総じて、素直なかかり方をするチャンネルストリップかなと思います。

シェルフEQはIvoryのほうがいいかなと思いますが、こちらもなかなかですね。

ハイパス/ローパスフィルターはこちらにしかないので使うかもしれません。

2月14日まで無料配布なのでそれまでに是非もらっておきましょう。

ホームページはこちら↓

Acustica Audio – Ceil

Aquariusからインストールするのがおすすめです。

BigCeilの記事はこちら↓

ちなみにIvoryについてはこちら↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。