Kush Audio – OMEGA 458Aについて

Kush Audio – OMEGA 458Aについて

今回はKush Audio – OMEGA 458Aについて書いていこうと思います。

セールっぽいので急遽書いてみました。

真空管のサチュレーションプラグインですね。

主なパラメータ

左のPHASEはおそらく位相反転スイッチだと思います。

右の-20dBは押すとゲインが下がりますね。

あとは、INTENSITYを回して音量を調節したければ

左下のINPUTとOUTPUTをいじるだけですね。

とてもシンプルです。

右下のオーバーサンプルは入れっぱなしでも特別重くはないので

そのままで大丈夫だと思います。

スネア

まず、今回のバイパス(いつものスネア)

0にして入れてみます。

0だとそんなに変わりませんね。次は真ん中辺りにしてみます。

ちょっと音が持ち上がりますね。10にしてみます。

10にするとやりすぎですね。次は-20dBを入れて同じようにやってみます。

INTENSITY 0
INTENSITY 5
INTENSITY 10

ゲインが下がった分音の輪郭が保たれているような気がします。

ちょうどいいのはこんな感じかなあと思います。

音がちょっと華やかになりますね。

いつも使っているHG-2を比較においておきます。

どちらがいいかは好みですかね~。

ドラム

自分はよくオーバーヘッドに入れたりします。

バイパス↓

bypass
on

ちょっとシンバルの音が派手になると思います。

まとめ

素直に中高域が持ち上がるので使いやすいサチュレーターだと思います。

自分はHG-2ではちょっと物足りなかった時に入れてみることが多いですね。

負荷も軽いので持っておくといざという時に役立つかもしれません。

公式サイトはこちら↓

Kush Audio – OMEGA 458A

その他サチュレーションプラグインの記事はこちら↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。