Acustica Audio – Colaについて

Acustica Audio – Colaについて

Cola

イコライザー及びコンプレッサーを含んだプラグインです。

AIの使ったEQもありますね。

具体的には、

↑チャンネルストリップ
↑EQ228
↑EQ415
↑EQ1671
↑COMP

この5種類(3EQ+1CMP+1STRIP)です。

それでは順番に見ていきましょう。

まずいつものバイパス↓

EQ228

プリを4にして入れてみました。

それだけでもぼこっとした音になりますね。

それはともかくとして、このColaで売りになっているAIによるパラメータ設定ができるのがこのEQ228です。

(他は多分ないです)

左のcolaの下にある▼PRESETSをクリックすると

こんな感じでプリセットが選べて、勝手にパラメータをいじってくれます。

今の所OrchestralとBus Groupsの2つしかないみたいですね。

とりあえずやってみました。

↑Orchestral

Orchestralのほうがローが強くて、Buss Groupのほうが中高域の押しの強い音になりますね。

ちなみに、適当にハイを上げるとこんな感じ。

EQ415

3バンドのEQですね。

インプットはPRE、LINE、MICの3つが選べるようです。

↑PRE 4
↑LINE 13
↑MIC 13

PREが重たくてLINEが軽め、MICがその中間のような感じがします。

ハイをいじってみます。

↑HIGH boost
↑HIGH cut

わかりやすくシャリシャリ感がコントロールできますね。

次はMID

↑MID boost
↑MID cut

ちょっと高めのMIDをいじってる感じがしますね。

次はBASS

↑BASS boost
↑BASS cut

カットするとかなりスカスカになりますね。

EQ1671

9バンドのグラフィックイコライザーですね。

まず通しただけ

これだけでもちょっと押しの強い音になる感じです。

適当にパラメータを動かしてみました。

かなり効きが強いですね。わかりやすく音が変わります。

COMP

PREボタンがあるので押してみます。

低域が強めにでてきますね。

適当にパラメータをいじってみます。

押しの強いごつごつとした音になりますね。

まとめ

全体的に押しの強いぐっとくる音をしていますね。

AIのEQはなかなか有用な感じだと思いますがまだ実験中のようにも感じます。

今後が楽しみなプラグインだと思います。

ホームページはこちら↓

Acustica Audio – Cola

AIを使ったプラグインは他にもsonible – smart:compなんかがありますね。

その他Acustica Audioのプラグイン記事はこちら↓

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。